住宅ローンを無理なく返済するためのアイデア


数ヵ月先の返済分を準備しておく

理想のマイホームを注文住宅で建てても、毎月の住宅ローンの返済のやり繰りをうまくしていないと、いざローン生活がスタートすると支払いが大変だと感じることがでてきます。明るくて快適なマイホームでの生活を夢見ていても、毎月の返済が滞りそうになったり、負担に感じるようになれば精神面でもつらくなるでしょう。注文住宅での生活を豊かにするためには、住宅ローンの返済とうまく付き合うコツを身につけておきましょう。

毎月無理なく住宅ローンの支払いをしていくには、数ヵ月先までの返済分を常備しておくと安心です。その月に支払う額を返済日直前にギリギリに用意することを習慣にしてしまうと、資金不足に気づいたときに支払いに困ることが多くなることもあるので危険です。2ヶ月から3ヵ月先までの返済分をストックしておくと、余裕をもって支払えるでしょう。

無駄遣いを減らして節約する

注文住宅のローンを着実に負担なく返済するために、節約をしていくことは大事です。生活のレベルを極端に下げたり、ストレスが溜まるような健全とはいえない節約ではなく、食事や生活費などの生活に必要なところ以外の買い物や遊びの出費を抑えることを心がけるとよいです。住宅ローンは返済総額を減らせる“繰り上げ返済”というシステムがあります。ボーナスや節約した費用を貯蓄に回して、資金をつくっておきます。返済総額を減らしていくことで、将来は定年後も返済が続く予定だったのが、定年前に返済を完了する計画も立てられます。

注文住宅はそれぞれ注文できる範囲が異なります。なので名古屋の注文住宅を探す際にはまずその範囲を確認することが大切です。