注文住宅の家造りを手がける会社との関わり具合が大事なポイント


設計会社と施工会社とのやりとり

マンションや建売住宅を購入する際は、住宅販売会社が窓口となります。一方の注文住宅を建てる場合、設計会社と施工会社とこれから深く関わりをもつことになり、会社の担当者や建築士とは、直接やりとりする機会が増えます。そのため、担当の方が信頼できるかどうか、相性の良さも無視できない重要なポイントになります。また、設計する建築士により得意とするデザインやスタイルがありますし、それぞれの施工会社により慣れている分野の工法が違います。その点も踏まえて設計会社や施工会社を検討するとよいでしょう。

工事現場へ足を運んで現場でも関わり合う

注文住宅での家造りの作業は、設計と施工会社を発注してそれであとは任せて完成を待つだけではありません。設計の打ち合わせから、工事現場に出向いて進行状況を確認することも必要ですし、状況によっては変更を指示する場合もあります。設計や施工会社とは意見を出し合える信頼関係や、一緒にどれだけ関われるかということにより、自分たちの家が完成した際の満足度は違ってくるでしょう。理想の家に近づけるためには、設計会社や施工会社の方々とよくコミニケーションを取ることも大事なポイントです。

設計や施工を依頼する会社を選ぶときの注意点

設計会社や施工会社選びで気をつけないといけない点は発注した依頼先の倒産のリスクです。建築士のデザイン性が気に入って依頼先に発注しても、満足のいく工事でマイホームが出来上がっても、そのあとに設計会社や施工会社が倒産してしまえば、アフターサービスが受けられなくなるという事態になることも。そういった失敗を防ぐためにも、地域での評判や過去の実績を参考に、安心して頼める会社を選びましょう。

京都というのは、日本の古都として世界的に知られています。美しい街並みを守るため、京都の注文住宅を建てる際には、景観条例を守らなければなりません。