土地って簡単に買えるの?一般的な手順を知っておこう!


土地を買うには登記が必要

土地を買うときに知っておきたいのが公的手続きをしないと土地の所有者として認めてもらうことができないということです。不動産は登記簿によって管理されていて、誰がどの不動産を持っているかが明確にされています。土地を買うときには前の所有者から自分に所有権を移転してもらわなければならないので、登記の手続きが必要になります。この点には留意して土地の購入を進めるようにしましょう。

一般的な土地購入の流れ

一般的には土地を購入するときに不動産会社を利用します。土地を買いたいと相談を持ちかけて、希望を伝えることにより候補を挙げてもらいます。その中で気に入った土地を選んで現地に様子を見に行き、納得できるものであれば売買契約をするというのが基本的な流れです。売買契約をするときには価格や引き渡し条件などについての交渉をすることもできます。条件交渉が決裂すると他の土地を探すことになりますが、大抵の場合には売り手もなんとかして買って欲しいと思っているので適当な形で落とし込みが可能です。

この契約手続きができたら引き渡しと登記をすることになりますが、不動産会社に依頼すると司法書士に頼んで代行で手続きをしてもらうことができます。司法書士報酬を負担しなければならないことを考慮して自分で手続きをしても問題はありません。引き渡しと登記を終えると晴れて自分の土地として利用できるので、住宅を建てたり、駐車場にしたりするなど、自由に活用していきましょう。

ランディはスズキ自動車のMクラスのミニバンです。8人乗りながら、扱いやすいサイズと広い視界が特徴です。