注文住宅で家を建てる!庭と駐車場はどうすれば良い?


駐車場を作る時に知っておくこと

注文住宅で家を建てると決めた際には、建物のことばかりに気を取られてしまいがちです。しかしいざ住むとなったら、意外と駐車場が使いにくいことに気がつく場合があるのです。そこでまず覚えておきたいのが、どれくらいのスペースを確保するのかです。例えば軽自動車しか乗らないから、必要最低限の広さがあれば良いと考えてしまう人がいます。ところがその場合、新しく車を買い換える時になって、普通車に乗りたいと思っても、駐車場がないので諦めなくてはならなくなります。そのため駐車場は可能な限り広いスペースを確保しておきたいです。できれば二台の車を停められるほどの広さがあれば、後悔することが少ないです。また運転が苦手な人のために、停めやすい場所に駐車場を作ることも大切です。

庭があることのメリットと注意点

庭のある家に憧れるという人は少なくありません。メリットとしては、子供を遊ばせてやれる、あるいは家庭菜園を楽しめるなどが挙げられます。その反面、注意しておきたいことがあります。中でも庭があると、常に手入れをしなければいけないということを頭に入れておきましょう。雑草は抜いてもすぐにまた生えてきます。春や夏になると、庭の大きさにもよりますが、毎日のように雑草を処理しなければならなくなるのです。それが嫌なら土の部分をなくして、コンクリートを敷いてもらいましょう。ただしその場合は、余分に費用がかかります。おまけに排水を工夫しておかないと、台風シーズンなどの大雨が降った際に床下まで水が溜まってしまうので気をつけたいです。

大阪の注文住宅には、柔軟なアイデアや多種多様なモデルがあるので、デザインを決める前に施工例を参考にすることがポイントです。