注文住宅は幅広く考える!住宅と地域性の注意点


地域の雰囲気を壊さない

どの街にも、街並みというものがあります。一つ一つの建物が調和して美しい街並みが作られるのですが、新しく家を建てる場合は周囲の雰囲気を壊さないように注意しなければいけません。基本的に注文住宅は自分が自由に形作っていけるのですが、あまりにも自己中心的な建物は禁物です。例えば落ち着いた家が建ち並ぶエリアに真っ赤な外壁の家を建てるとしたら、間違いなく浮きますし苦情が発生します。今後何十年と付き合うことになる近隣住民と、最初から仲違いするのは避けなければいけません。郷に入っては郷に従えという言葉もありますが、個性を出すなら外観ではなく内部に力を入れたいものです。

地域によって気候が違う

地元など慣れ親しんだ場所に家を建てる場合は良いですが、全く知らない土地に家を建てる場合は気候に気を付けないといけません。太平洋側と日本海側で気候が全く違うのはもちろん、標高が少し違うだけでも影響は大きいです。風が強いエリアでガラス張りにするのはリスクが大きいですし、降雪量が多いエリアでは屋根の角度に注意が必要です。もちろん自分達で調べることも大切ですが、業者や近隣住民の方に相談するのも良いです。

災害の危険性も調べる

日本全体に言えることではありますが、災害のリスクが高いです。地震は頻繁に発生しますし、台風も毎年のように直撃します。例えば海の近くに建てる場合はどれだけ津波のリスクがあるか調べた方が良いですし、埋め立て地であれば地盤が弱くて液状化現象が発生するかもしれません。山の近くだと土砂崩れの危険もあるので、大切な家を失わない為に災害の危険性を調べておきたいものです。

横浜は大規模な商業土地であり、土地の価格は平均よりも高いです。そのため、横浜の注文住宅事情として、平均年齢よりも高い層の人が横浜に家を建てます。