注文住宅を建てる場合の理想の間取りとは?


家族構成を考えることが重要

注文住宅のメリットの一つは、自分が希望する間取りを実現できるということですが、よく考えずに間取りを決めてしまうと後になって後悔する可能性があります。そのため、設計時点で将来のシミュレーションをしっかりと行ったうえで、間取りを決めなければなりません。その場合に考慮すべきポイントはいくつかありますが、なかでも将来の家族構成については熟慮する必要があります。家を建てる時点では子供が一人しかいなくても、いずれはもう一人子供が欲しいと考えているのであれば、子供部屋として利用できる部屋は2つ用意しておいたほうが良いでしょう。また、両親と一緒に住むことを考えているのであれば、いずれは親がいなくなることも考えて間取りの設計を考えておくのがおすすめです。

生活動線を考えた間取りにしよう

間取りを考えるうえでは、居住後の生活動線を考慮することも大切です。生活動線というのは、日々の暮らしを送る上で家の中をどのように動き回るかを実線で表現したもので、なるべくその動線が短くなるように間取りを考えるというのが住みやすい家造りのポイントであるとされています。具体的には、買い物から帰ってきたらすぐに荷物をパントリーに収納できるように、玄関からパントリーに直行できる間取りにしたり、階段を上らずに洗濯物を干せるように、洗濯機置き場を2階に設置できるような間取りにするといった具合です。特に、年配の方がいるような家庭では、生活動線上に極力障害物がないようにすることが重要です。

福岡の注文住宅は傾向として、土地価格が全国平均より若干安いですが、土地が安い分住宅建築費を全国よりもかけているようです。