賃貸物件を選ぶなら、「日当たり」を重視しよう!


日当たりのいい部屋なら健康になれる!

賃貸物件を探すとき、街や部屋の間取り、広さ、駅からの距離などを重視すると思いますが、「日当たり」について考えたことがあるでしょうか。日当たりは、賃貸物件で暮らす意味で、とても重要なポイントになります。ぜひネット上で間取りをチェックする時、内見に行ったときに確かめてみましょう。いわゆる「日当たりのいい部屋」は「南向き」の部屋になります。南向きの部屋は、南側にリビングなど居住スペースがある部屋を指します。南向きの部屋は午前中から午後3時ころまでは、十分に陽の光が差し込む部屋です。冬は暖かく、エアコンの利用率が減るため、節電効果があるでしょう。また陽の光を浴びると、体内にビタミンDが作られると言われています。ビタミンDは健康に欠かせない栄養素なので、日当たりのいい部屋に住むと健康になれる可能性が高くなります。

洗濯物が乾きやすい!

日当たりのいい部屋に住めば、洗濯物が乾きやすいです。ベランダに干せばすぐに洗濯物が乾きます。部屋干しをしても十分、夜までに乾燥するでしょう。コインランドリーに行かなくて済むため、生活費を節約できます。また日当たりのいい部屋は、カビが育ちにくいというメリットもあります。特に1階や2階の賃貸物件を探している人は、カビが育ちにくい日当たりのいい部屋を探すようにしましょう。南向きの部屋に気に入った物件がない場合は、「東向き」の部屋を探してみましょう。東向きの部屋は、朝早くから、午前中いっぱい程度の間、陽の光が差し込む部屋になります。南向きの部屋ほどではありませんが、十分に洗濯物が乾き、気分良く暮らせる部屋と言えるでしょう。

札幌中央区の賃貸のメリットは、商業施設が立ち並ぶ中心地のため買い物がしやすい点です。また、地下鉄の本数も多いため移動もしやすい利便性に富んだ地域なので住みやすさがバツグンです。